期間工フグメットの晩酌ブログ

毎日の晩酌を楽しみつつ、期間工生活についてブツブツと語っていく雑記ブログです。

鯛のアラ。ゴミじゃない!お宝だ!

スポンサーリンク

期間工限界突破!!!

 

魚好きのフグメット。

買い物に行けば、たとえ用がなくとも必ず魚コーナーをチェックします。

 

そして見つけてしまいました。

f:id:bansyakuko:20190619064936j:plain 

天然物の真鯛のアラです。200円!!!

それだけではありません。
f:id:bansyakuko:20190619064922j:plain

なんと2段重ね!

 

鮮度もそこそこでした。

さすがにこんな物を買っても困るかなぁ~っと葛藤しつつ、結局購入に至る。

 

早速帰って下ごしらえ。

アラに熱湯をかけて霜降りにし、水で血液やヌメリ、ウロコ等を丁寧に洗い流します。

 

その最中。げっ!匂いが!

 

寮の共同水道で作業しているわけです。誰かが来たら不快に思う事この上なし。

 

やっぱり人が来てしまいました・・・

 

くっさ!!!

 

言われてしまったorz

ほんとごめんなさいm(__)m

 

とりあえず下ごしらえは完了。

f:id:bansyakuko:20190619065119j:plain

全部で8個の半分カットの頭とカマ
この時点で食べきれぬであろう量は冷凍しておきます。

これを使ってまず一品

 

鯛のカブト煮!

f:id:bansyakuko:20190619065239j:plain

無難においしかった。日本酒によく合う。

 

食べているとこんなものが出てきます。

f:id:bansyakuko:20190619065552j:plain

鯛のタイと呼ばれるものでございます。

縁起物の鯛の中から更にタイが出てくるとあり、それなりにありがたーい物とされてきたようです。

単なる骨です。他の魚にも当然入っていますが、真鯛からとれるものが一番形が美しいらしいです。

 

後日、もう一品作りました。

 

鯛めし!

f:id:bansyakuko:20190619065347j:plain

いつもならアラを素焼きにしてから炊飯器で米と一緒に炊くのですが、寮の中ではそれができません。

昆布出汁に酒、みりんを加えたものでアラを煮出し、最後に醤油を加えて味を調えました。その汁で米を炊き、残ったアラからは手作業で身をほぐし、炊き上がった米にほぐし身を混ぜ込んで完成です。

f:id:bansyakuko:20190619065421j:plain  このおこげ!そそるやろ~?

 

手間暇がかかる魚のアラですが。非常においしい部位です。

どうか面倒くさがらず、捨てずに味わってもらいたいものです。

 

もし捨ててしまったら!

黄色いヘルメットをかぶったフグのお化けがでてくるかもよ・・・

 プライバシーポリシー