期間工フグメットの晩酌ブログ

毎日の晩酌を楽しみつつ、期間工生活についてブツブツと語っていく雑記ブログです。

福島県会津若松市 末廣酒造「遥香」純米酒。アマダイは概念を超越する!

スポンサーリンク

こいつらを

f:id:bansyakuko:20191110194256j:plain

 

この酒で

f:id:bansyakuko:20191110074835j:plain

晩酌していく!

今回も東北の酒。福島県会津若松市 末廣酒造「遥香(はるか)」純米酒

どうやらこの「遥香」という銘柄はそこそこレアな限定品なんだそうな。地酒研究会遥香会?とかなんとか。たまたま大府市の酒屋さんに来たことで発見することができました。旅はするものですね~。

 

とりあえず晩酌スタート。鮮度がヤバそうなアマダイから料理していく!

f:id:bansyakuko:20191110190051j:plain

  • アマダイの煮つけ
  • アマダイの湯引き
  • コウイカの刺身

アマダイをまともに食べるのは初めて。とりま刺身から食べてみると・・・ネットリとした変わった舌触り、うん、まあうまい。やはりサイズが小さいせいか、少し味気ない。それに鮮度の悪さが相まってちょっと血なまぐさい。

しかし、 煮つけが超旨い!

ほんの一つまみ、舌にのせるとブワっと広がる旨味。

アマダイ・・・いいのか100円で?

 

日本酒は期待通り!

少し強めに広がる米の旨味。ちょっぴりやわらかな舌触り。おや?東北にしては珍しいな?と思っていたらスルスルスル~っとキレてゆき、心地の良い余韻が残る。

 

(゚ρ`)ァー・・・うまいのね~

 

コウイカは?うまいに決まってる。

 

 

f:id:bansyakuko:20191110192141j:plain 皿ごと浅く水を張った鍋にぶち込む。これ、酒蒸しになります。

f:id:bansyakuko:20191110192500j:plain

  • ミシマオコゼとコウイカの刺身
  • アマダイの酒蒸し

ここで登場、ミシマオコゼ達。こいつらメチャクチャ安かったくせにメチャクチャ新鮮だったので熟成させておりました。そして刺身を食べてみると・・・???????。

クニャクニャクニャクニャ・・・

あるぇ?味が良く分からない。そしてものすごい歯ごたえ。超淡白で全くクセがありません。

もうちょい熟成させてみるとします。

 

コウイカは?うまいに決まってる。

 

アマダイの酒蒸し

私の概念が変わった

美味しすぎるのであります。本当にいいのか、100円で?

もっと物の良いアマダイはシャレにならないくらいお高いのです。それにそんなに良いものはほとんどが東京行き。一生味わうことが出来ないかもしれんな・・・。

 

ミシマオコゼは・・・良く分からなかった。

色々試してみます。ウリィィィィィィ💢

 プライバシーポリシー