期間工フグメットの晩酌ブログ

毎日の晩酌を楽しみつつ、期間工生活についてブツブツと語っていく雑記ブログです。

長野県佐久市 「佐久乃花 type Y」辛口吟醸 スルスルスルスルっとしたお酒です。

スポンサーリンク

体が痛い・・・。最近記事の更新が滞るフグメットでございます。

 

ワインにしようか?梅酒にしようか?またどぶろくが呑みたいな~。でもやっぱり日本酒が呑みたくなった。

f:id:bansyakuko:20191204132812p:plain

長野県佐久市佐久乃花酒造「佐久乃花 type Y」辛口吟醸

1日1合までしか呑まないと言う人にはつらい一本だそうな。呑んでみてその理由がよく分かりました。

食材も購入。いざ晩酌へ!

f:id:bansyakuko:20191204133624p:plain

  • 生シラス
  • 養殖ブリの刺身

静岡県産の生シラスが売っていました。生シラスは鮮度が命、漁獲地から遠いと食べる事ができません。すぐに苦くなってしまうんです。愛知県は静岡県のお隣だと再認識しました。養殖ブリは脂のりっのりです!

とりあえず日本酒、

フルーティな良き香り。口に入れると・・・

???

スルスルスル~っと舌の上を通り過ぎて喉の奥へ入っていきました。あまりに不思議な感覚を覚え、ゴクゴクと呑んでしまった。

とんでもなくサラサラとした舌触り。吟醸酒らしいさっぱりとした旨味。そして残る、ちょっぴりの酸味。つまみを合わせるのが難しそうなお酒です。

 

ブリ刺と一緒に

全然合わない。ブリが合わないというよりは脂が合わない。脂のくどさを酒が洗い流しているだけだ。それなら日本酒じゃなくてもいい。

生シラスと一緒に

良い感じ!生シラスの独特な旨味と調和している!淡白な刺身なら間違いはないだろうけど、きっと脂少な目の赤みの魚(カツオとかマグロ)が一番いいんじゃないかと思います。

あるのですよ、マグロ。

f:id:bansyakuko:20191204135402j:plainキハダマグロ

晩酌を始める前に仕込んでおきました。

f:id:bansyakuko:20191204135517p:plain 酒、みりんを煮切り、醤油を加えてちょっぴり加熱。返し醤油(タレ)を作って冷ましておく。

f:id:bansyakuko:20191204135936p:plain マグロは湯通し、表面だけを加熱状態にしてからタレを入れる。こうするとマイルドに味が浸みていくのです。

f:id:bansyakuko:20191204140104p:plain 24時間放置したのがコチラ。ハムみたい。

 

晩酌2発目

f:id:bansyakuko:20191204140315p:plain

  • キハダマグロのづけ

24時間はやり過ぎたかと思いましたが、タレの醤油を抑え目にしたおかげかちょうどよい加減になりました。これ・・・・うまいよ。びんちょうまぐろみたいな安いマグロでもとってもうまくなります。そして予測通り、「佐久乃花 type Y」には相性ばっちりだった。

 

長野県佐久市と言えば

「佐久鯉」で有名な場所です。その辺で泳いでいる鯉とは違って、食用に品種改良された鯉を養殖しているのです。いつか佐久鯉のあらいを食べながら「佐久乃花 」を呑みたいものです。

 

自炊、してないよ。

 プライバシーポリシー