期間工フグメットの晩酌ブログ

毎日の晩酌を楽しみつつ、期間工生活についてブツブツと語っていく雑記ブログです。

卵白不耐症とかいう体質が備わっている事に最近気がついた件。

スポンサーリンク

※この記事は私のお腹がひどい事になったお話です。お食事中の方はどうかお戻りください。

 f:id:bansyakuko:20200115050302p:plain

早急なる肉体強化を余儀なくされ、高たんぱくな食事を心がけるようにしていたのですが、ここ最近如何せんお腹の調子が悪い日が続きました(便秘気味)。しかもやたらと疲労気味。

とある日の仕事中、少し下腹部に違和感を感じる。すると徐々に強烈な痛みへと変化していった。トイレに駆け込んでも変わらない痛み。その日はあまりお腹が張っている感じもなく、不思議で仕方がなかった。

頭によぎった病名は、

  • 尿管結石
  • 盲腸

マジで痛かった。脂汗をかき、歯を食いしばりながらも仕事を終え、寮に戻っても食欲は無く、痛みは翌日の朝まで続いた。一体何だったのだろうか?

ちょっと前にも同じような痛みが走ったことがあった。その時はトイレにダッシュして少し下痢気味ながらも事なきを得ました。そのちょっと前に食べまくっていたのは生卵をかけた牛丼と卵かけごはんだ。これだ!!!

生卵によるサルモネラ菌食中毒の線で調べて見ましたが、なんだか違うっぽい。そこで気になる症状を発見、卵白不耐症とな。

卵、特に卵白は生の状態ではとても分解消化吸収しにくいんだそうです。タンパク質が分解されないまま小腸に届いてしまうと、腸が過敏に反応して腹痛や下痢を起こしてしまうのだとか。この卵白不耐症はやっかいな事に、大人になってから発症する例も少なくないようです。子供の頃は卵かけご飯とかいっぱい食べていたのに・・・(´;ω;`)。でも卵は加熱すれば大丈夫っぽいです。

 

ここ最近の食事には高たんぱくを意識し、生卵と牛乳を積極的に摂るように意識していました。もしかしたら卵白不耐症だけでなく、乳糖不耐症bも持っているかもしれませんね。生卵をを食べる時には卵黄だけにし、牛乳を控えるようになってからはすこぶるお腹は快調でございます。プロテインを飲み始めたのもこれが背景にあったからです。お手軽にタンパク質を摂取する術を失った今、もうプロテインに手を出すほかありませんでした。なんでもバクバク食べられる人が羨ましい・・・。

 

もう自分の体質にしっかりと向き合っていかなくてはならぬ年齢になりました。寄る年波には勝てぬのでございます。でもお酒は呑めるよ。

 プライバシーポリシー