期間工フグメットの晩酌ブログ

毎日の晩酌を楽しみつつ、期間工生活についてブツブツと語っていく雑記ブログです。

久々に出勤したわけでして。よくて食べてよく寝る人は大きくなる。

スポンサーリンク

生産停止によって約1週間ほどお休みだったわけで、久々に出勤してみたらこの変わり様。

 

どすこい!

f:id:bansyakuko:20200430060123p:plain

ライン工からジョブチェンジするのかな?若干数名、ものすごく大きくなっていた(顎、横幅)。すごいな、人間って1週間でここまで変われるのね。これって肉体労働をする上での一種の才能だと思いました。そして人種の違いを思い知った瞬間であった。

 

一応人間っていうのは食べないと大きくなれないわけで・・・はい、私はここまでの人生で太った事がないのです。食が細いんです。というより運動量によって食事量が大きく増減します。そのため、あまり食欲を落とさない様にするために休暇でも運動を続けないといけません。どちらにしたって体重は増えません。

クタクタになるまで動き続けてお腹をグゥグゥ鳴らしていた日は、あの美味しくない寮のご飯でさえバクバクと食べていたのですが、自粛により引きこもり生活がスタートしてからは全然お腹が減らない。いや、一応減るのですが、白米と味噌汁と納豆、これだけで概ね満足してしまう。おかずもあるのですが、本来の美味しくない寮飯に目を覚ましてしまい、とても食べる気になれない。食欲ってすごいのね、食えればなんでもよくなってしまう。

私はそんな感じになってしまう一方、特に変わることなく食べまくる人もいる。お盆にはなぜか茶碗が3つ、何を盛るのかと思えば山盛り白米とタプタプの味噌汁と気に入ったおかずがドチャ盛り。それとは別に、普通のお皿にも山盛りのおかず等々。もちろんルール違反です。生卵を大量に持ち込んで飲み込んでいる猛者もいたなあ・・・。そんなのを食べているのを見ると、やはり人種が違うな~と思ってしまう。そして見ているこっちが少し気持ち悪くなる・・・ぅぷ(;゚;艸;゚;)。うちの会社は寮の食事は無料だからね・・・とはいえ、仕事しに行ってないのに寮飯は食べまくるなんて、とんでもない穀潰しだわ・・・。

肉体労働をする上で食が細いっていうのは結構な弱点であるわけで、私はやっぱり周りの人に比べてスタミナが低い気がします。食べられるって事が羨ましいとさえ思える次第でして、やっぱり食べられる人は仕事に体が慣れるのが早い、スタミナもあります。肉体労働をする上で食べられるって事は一種の才能だと痛感しました。でも食べすぎて太り過ぎて動けなくなったら・・・心の中で笑っちゃうぞ♪

 

これから先、今の会社は1・2か月間、いや、もっとこの先仕事が無いかもしれないです。そうなったとき、工場の中はかつての容姿の面影もない従業員達で埋め尽くされてしまうかもしれない。体調管理も社会人の勤めですね。

 プライバシーポリシー