期間工フグメットの晩酌ブログ

毎日の晩酌を楽しみつつ、期間工生活についてブツブツと語っていく雑記ブログです。

カツオを喰らい尽くせ!私、卵ちゃうねん。ニベリニアって言いますぅ。

スポンサーリンク

ああ・・・君の事を思うと夜も眠れない。

f:id:bansyakuko:20200731193209p:plain

カツオをこんなにも思い続けた1週間が今までにあっただろうか。

 

f:id:bansyakuko:20200726203137p:plain

1発目の晩酌でモリモリとカツオをほおばった次の朝、やっぱり朝飯もカツオでございます。

f:id:bansyakuko:20200731193534p:plain カツオドーン。

まだまだあるカツオ、どうすんだべさ? 

f:id:bansyakuko:20200731193712p:plain 2日目、まだ半身ある。

鮮度はまだ大丈夫。刺身で行くぞ~♪

 

そうそう、これなんだけど・・・

f:id:bansyakuko:20200731194045p:plain

カツオの腹に良くくっついているやつ。何かの卵に見えますが、これは虫です!ニベリニアって言います。ご安心ください、食べても無害です、寄生虫ではありません。包丁で簡単に取り除けます。

さて、晩酌2発目。

f:id:bansyakuko:20200731193807p:plain

皮目の変色が気になった。カツオたたきマヨ醤油、カツオのなめろう。カツオでなめろうにしても美味しいのね、他にもトビウオ、イワシなんかもおすすめ。

 

まだまだまだあるカツオ君、ほんとにどうすんだべさ?

ずっと前から作ってみたかった品があります。その名もカツオの揚げたたき。分かりやすく言うと、カツオの半生フライです。よ~く冷えているカツオにササっと衣をつけて高温の油でササっと揚げる。それでは晩酌3発目。

f:id:bansyakuko:20200731195034p:plain

カツオの漬けドーンとカツオの揚げたたき。断面が食欲をそそるぜ!このフライ、何で食べようか?塩?ソース?ポン酢?全部やってみた。

塩⇒何も邪魔をせずに調和した味が楽しめる。シンプルでグッド。

ソース⇒衣の風味を引き立ててくれる。やはりフライにはソースなのか?しかしカツオの生身と交わるとうまくも不味くもない良く分からない後味がする・・・。

ぽん酢⇒ダメだこりゃ、揚げたことで減少した生臭さが増幅される。ダメ、絶対!

とりあえず塩がいいね、おいしかったです♪そして、カナディアンクラブで作るハイボールはうまい。

 

まだまだまだまだあるんだな~、カツオ君。そろそろ刺身は限界、保存食をつくりま~す。

f:id:bansyakuko:20200731194545p:plain

カツオのなまり節。煮熟していきます。これを燻製するとなまり節だそうな。私は茹でただけなので正確にはなまりというらしいです。

f:id:bansyakuko:20200731194902p:plain

カツオの角煮。コッテコテに甘から~く煮しめていきます。いい香りがするんだわ~。

 

f:id:bansyakuko:20200731200149p:plain

こいつらは麦焼酎でいただきます、カツオなまりと角煮。うん、おじさんくさくて良き晩酌だ。この麦焼酎、ちんぐが変わったお酒だ。すっごくフルーティなのです。フルーティ過ぎて麦の香りを探すのに一生懸命になってしまいました。これを何も言わずに出されたら麦焼酎だとは答えられない・・・。

 

残りのなまりと角煮は冷蔵庫で一週間は持つと予想し、この1週間はカツオに囚われ続けましたとさ。

 

 プライバシーポリシー